保険ガリレオのブログ

保険に関わる全てのことの記事をご紹介します。保険業界のニュース、生保・損保の各社おすすめ商品、また住宅ローンや社会保険労務士のこと交えてお伝えいたします。
Home » Archive by category 'その他'

保険料控除証明書

2017年10月20日 カテゴリー その他, ニュース, 火災保険, 生命保険
今月の上旬から保険料控除証明書の発送が始まっております。
この時期になると年末、年度末まで近づいてきていることを感じます。
控除証明書のお問い合わせで、再発行の依頼とともに多いのが、
「今まではハガキで届いていたのに届かない」旨のご質問です。
長期火災保険の契約では、2年目以降はお葉書で証明書が発送されますが、
契約初年度(更新時)は保険証券(または継続証)に添付されての発送となります。
契約更新時にはお葉書でのご案内が届きませんので
証券類をご確認くださいますようお願い致します。
保険料控除証明書につきましてご不明な点がございましたら
弊社までご連絡くださいませ。
(CSチーム M.K)

 

治験に関する賠償責任保険について

2017年10月10日 カテゴリー その他, 施設賠償責任保険

はじめまして本店営業部の佐藤大輔です。
保険ガリレオブログを閲覧いただきありがとうございます。
私からは少し特殊ですが、今後私達の生活がより豊かで快適になるよう努力なされている
専門職の方向けの保険のご紹介をさせていただきたいと思います。
 
医薬品・医療機器または再生医療等製品を製造販売するには
医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」
の規定に従い承認を得る必要があります。
「治験」とは、当該承認を得るために行われる臨床試験のことをいいます。
「治験」は一般的には2パタ-ンに分類されます。
A: 企業治験⇒製薬メーカ-様・医療機器メ-カ-様等が治験実施依頼者となって
   医療機関に依頼
B: 医師主導治験⇒医療機関様、医師自らが治験計画の届け出を行い実施
 
そして、治験実施依頼者となる製薬メ-カ-様
または医療機器メ-カ-様および自ら治験を行う医療機関様または医師は、
医薬品については「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」、
医療機器については「医療機器の臨床試験の実施の基準に関する省令」、
再生医療等製品については「再生医療等製品の臨床試験の実施の基準に関する省令」
(以上の3つの省令をまとめて「各種GCP省令」)を遵守することが求められています。
 
各種GCP省令上、治験の依頼をしようとする者または自ら治験を実施しようとする者は、
あらかじめ、治験に起因して被験者に生じる健康被害の補償のために、
保険への加入その他必要な措置を講じておかなければならない、と規定されています。
私達が普段何気なく服薬している薬や身体に負担がかかりにくい医療機器などは、
このような手順を経て世の中にでております。
 
これまで多くの企業様より、加入しなければならないがこの手の保険を取り扱っている
代理店が少ない・見つからないというお声を頂戴しております。
企業様が治験に関する賠償責任保険をご検討される際には、
弊社では複数の保険会社と協議・連携の上、ベストなご提案をさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。
 
(損保第一チーム 佐藤)
 
詳しくはコチラ→ 治験に関する賠償責任保険

個人事業主の思わぬ落とし穴

2017年10月05日 カテゴリー その他, 生命保険

夢、目標を達成するべく自らの道を進む事業主の皆様
そこに至るまでの道のりは山あり谷ありで苦労なく進んでいける方は
少ないのではないでしょうか。それでも継続することで自身の夢に
一歩づつ進んでいる方はとても輝いて見えます。

私のお客様にもたくさんのがんばる事業主様がおられます。
そんな頑張る事業主の皆様にぜひ情報として知っておいて頂きたいのが
今CMなどでも話題になっている「収入保障保険」。
つまり就業が難しい状況になってしまった際に収入、売上の代わりや
補填にあてられる保障があるということがまだまだ世の中に知られてい
ないということです。

自分の人生を賭けて事業を営む皆様なので体を張って頑張れる状況であ
れば良いのですが、やっとの思いで事業が順調になってきてさあこれから
だという所で体の調子が悪い、おかしいな、だけど病院に行く暇もない、
気づけば大きな病気で入院せざるを得なかった、がんの宣告を受けて
しまった、気づいたら病院のICUの中、などということが100%ない
とは言えません。

車を乗るには必ず万一のために自動車保険に加入する。
建物を所持するには火事に備えて火災保険。
事業を始める際も同様に万一のピンチにきちんと備えることは自らを
守ることにつながります。
私たちは頑張る事業主様の応援団になれるようにフォローしていきます。
気になる方は遠慮なくご相談くださいませ。

(生保チーム 信太)

自転車「危険行為14項目」検挙で安全講習の義務化 高まる自転車保険の需要!

2015年06月02日 カテゴリー その他

昨日の2015年6月1日に自転車に関する道路交通法が改正されました。

ニュースでも大きく取り上げられていますが、自転車事故が急増しています。
警察庁によると、今回新たに「危険行為」として定められた対象となる14の行為は以下の通りです。

  • 信号無視
  • 遮断機が下りた踏切への立ち入り
  • 指定場所一時不停止など
  • 歩道通行時の通行方法違反
  • 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
  • 酒酔い運転
  • 通行禁止違反
  • 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
  • 通行区分違反
  • 路側帯通行時の歩行者の通行妨害
  • 交差点での安全進行義務の違反など
  • 交差点での優先車妨害など
  • 環状交差点での安全進行義務違反など
  • 安全運転義務違反
※14歳以上の全ての自転車運転者が対象

自転車は気軽に乗れて、エコで便利な乗り物であり、誰もが「加害者」になる可能性があります。

自転車での事故は4分に1件起きており、賠償事故の5割近くが若者と子供というデータもあり、自転車事故が原因で死亡や高額賠償につながるケースも増えています。
この新制度の交通ルール違反の罰則強化には、運転者が深刻な事故を未然に防ぐのが狙いであると言えます。

そこで、まだまだ馴染みが無いかもしれませんが、現在需要が高まりつつある自転車の保険がございます。
今回紹介するの保険は、ドコモの携帯電話・スマホからお手軽にご加入できる自転車保険、「ドコモ サイクル保険」です。

ドコモ サイクル保険

この自転車保険の特長は、賠償責任保険金は最大2億円を補償!
自転車による賠償事故だけでなく、日常で偶然に起きた賠償事故も補償(示談交渉サービス付き)します。

そして契約者ご自身の交通事故全般によるケガも補償し、お手軽な保険料で手厚く充実の補償を受けることができます。

保険料は個人プランであればひと月440円、家族プランであれば月々980円でご家族全員を補償を受けることができます。

ご加入方法はドコモの携帯電話から下記URLにアクセスしていただくか、下のQRコードを読み込んでいただき申込みページに入ってご契約プランを選択するだけの簡単なお手続きとなっています。

http://onetime.nttdocomo.co.jp/n/rd/?type=cycle&an=TMNF13421500&tn=13421500

ドコモ サイクル保険(QRコード)

自動車やバイクと違って、自賠責保険の加入義務や運転免許もないので車両の事故という意識は持ちにくく忘れやすいかもしれません。
マナー違反の自転車とすれ違い危険な目に遭った方も多くいらっしゃると思います。
今回の制度をきっかけに、交通ルールを守り安全な運転を心がけましょう。

『夏まつり保険』今年も申し込み受付を再開しました。

2014年06月17日 カテゴリー その他 タグ:

大変ご無沙汰しておりました。
昨年多くの主催者の方々にお申し込み頂きました、この期間に特化したイベント保険、その名も『夏まつり保険』が今年も取り扱いをはじめました。

沢山の人が集うイベントは皆様楽しみにしているもの…、それでも開催中のアクシデントは付き物です。
イベント関連のニュースも記憶に残っていることと思いますが、参加者の方々を守るのは主催者の責任です。

この時期、夏祭りなど色々な行事が各地で予定されているかと思いますが、
主催者の方々のリスク管理、今年もお任せ下さい。

対象行事の種類、開催日数、参加者数、開催時間に合わせて主催者としての補償プラン設計・お見積もりいたします。

保険ガリレオ 夏まつり・イベント保険

ご注意:保険ガリレオ イベント保険は行事開催日の14日前までにお手続きが終わらない申し込みはできません。
開催までのスケジュールに余裕のない場合でのお見積りのご要望はお断りすることもございますので、ご了承下さい。