保険ガリレオのブログ

保険に関わる全てのことの記事をご紹介します。保険業界のニュース、生保・損保の各社おすすめ商品、また住宅ローンや社会保険労務士のこと交えてお伝えいたします。
Home » Archive by category '個人向け保険'

心筋梗塞 「いつ起こる?心筋梗塞・魔の時間帯」

2018年01月09日 カテゴリー 個人向け保険, 生命保険

「いつ起こる?心筋梗塞・魔の時間帯」

こんにちは。生保チームの河内です。
いつも保険ガリレオブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

寒さが肌にさす日が続き、家に帰ったらすぐに熱いお風呂にという方も多いのではないでしょうか。そんな暖かくホッとするお風呂の時間ですが、実は1年のうちで入浴中の突然死が最も増えるのがこの時期になります。
12月、1月は暖かく暖房の効いた居間などと脱衣所や浴室、そして入浴の際の熱い湯との激しい温度差が、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などによる突然死を引き起こす原因となるといわれています。

今回はその中から「心筋梗塞」について、

  • 心筋梗塞とは
  • 心筋梗塞が起こりやすい時期
  • 心筋梗塞が起こりやすい魔の時間帯

の3点について、お伝えさせていただきます。

  1. 心筋梗塞とは

    心筋梗塞は、動脈硬化が進行して冠動脈血栓(血液の塊)が詰まり、心筋が壊死して激しい痛みを引き起こすとても怖い病気です。近年では30代で若年性心疾患を発症する人もいて、その背景には生活習慣の乱れが指摘されています。

  2. 心筋梗塞が起こりやすい時期

    心筋梗塞というと予測できないと思いがちですが、
    実は心筋梗塞の発作には起こりやすい時期や時間帯があるといわれています。
    時期でいうと、冬は夏よりも心筋梗塞を起こす確率が1.5倍高いといわれています。それは寒さで血管が収縮しやすくなるからです。血管が収縮すると血流が悪くなり、血圧が上がります。加えて、血管壁に溜まったコレステロールの塊がはがれて血栓になり、狭くなった血に詰まりやすくなります。

  3. 心筋梗塞が起こりやすい魔の時間帯

    心筋梗塞が起こりやすい時間帯といわれているのは、起床後の身体が徐々に目覚める8時~10時頃と、疲労が蓄積されている20時~22時頃です。飲酒後も起こりやすくなります。
    仕事をしている方は、喫煙やストレス過多が原因となりやすいので、残業中の夜遅い時間や、月曜の朝も要注意です。
    今回は「心筋梗塞」について起こりやすい時期や時間帯の話をお伝えさせていただきましたが、誰だって病気になんてなりたくないものです。

保険は万が一病気になってしまって、はじめて給付金を受け取るものですが、
やはり、まずは病気にならないための予防を心がけることが大事です。

そのうえで、現在ご加入されている保険が「三大疾病給付金について」のブログにあった通り、急性心筋梗塞の場合に給付金が下りるものなのか、それ以外の心疾患も保障されるものなのかのご確認をしてみてください。

細かい部分ではありますが、いざというときのための保険。
思っていたものとは違った!なんてことがないように、保険も事前のチェックをおススメしております。

三大疾病の保障についてお悩みの方へ

次のことでお悩みではありませんか?
・現在加入中の三大疾病の保険の内容を確認したい
・どこの保険会社が自分にあっているかわからない
・現在の健康状態で加入ができるのかわからない
・保険料を節約したい
もしも三大疾病の保険についてお悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

がん保険 三大疾病給付金について

2017年12月21日 カテゴリー がん保険, 個人向け保険, 生命保険

「三大疾病給付金について」

はじめまして。
生保チームの伊藤鉄平です。
いつも保険ガリレオブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

私からは「三大疾病給付金」についてお伝えさせていただきます。

三大疾病は主に、「がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中」のことを言いまして、日本人がかかりやすい病気ベスト3とも言われています。
特にがんにつきましては、生涯を通じてがんと診断される方は2人に1人とも言われており、皆様の関心も高いのではないかと思われます。
また、がん治療に対する入院日数も過去に比べると短期になり、抗がん剤投与等、通院治療をメインで行うことが多くなっています。

そのような時代背景から、近年では三大疾病になった場合、まとまった一時金を受取り、通院治療に掛かる費用や、治療でお仕事をお休みしなければならなくなった場合の減少した収入の補助に、というお考えの方が増えております。
各保険会社でも、そのようなお客様のニードにお応えするべく、三大疾病になった場合一時金をお支払いする商品があり、ご加入されていらっしゃる方も多いのではないかと思います。
皆様、三大疾病になられたら一時金を受け取れる商品、各保険会社で支払われる条件や支払い回数等が違うのはご存じでしょうか?

【例】
がんの場合、上皮内がんが支払い対象であるのか、対象外なのか。
急性心筋梗塞の場合、急性心筋梗塞以外の心疾患でも支払い対象になるのか。
脳卒中の場合、脳卒中以外の脳血管疾患でも支払い対象になるのか。
支払い回数も、生涯1回のお支払いなのか、生涯5回なのか、無制限なのか…。
等々…。

すみません、書き出したらキリがないですね。
各保険会社で違いがあります。
皆様がお入りの保険ではどうでしょうか?

気になった方はぜひお気軽にお声かけください。

(生保チーム 伊藤鉄平)

火災保険 賠償責任について

2017年12月19日 カテゴリー 個人向け保険, 火災保険

「万一、火事を起こしてしまったら…」

こんにちは。
火災・マンションチームの宇都宮です。

突然ですが、万一、自宅から火事をおこしてしまった場合、お隣に火が燃え移ってしまったら損害賠償責任は火元である自分がもたないといけないのでしょうか。

答えは、「NO」です。
失火責任法(失火の責任に関する法律)が適用されるため原則として、失火による火災では損害賠償責任は発生しません。
ただし、重過失の場合を除きます。

重過失とは…
「わずかな注意で簡単にこうした結果になることが分かっているのに漠然と見過ごしたような注意を欠いた状態」をいいます。

【主な例として】
・寝たばこで引火、火災が発生した。
・天ぷらを揚げている際に電話がかかってきたため、鍋から離れた間に引火した。
・電気こんろを点火したまま就寝、ベッドからずり落ちた毛布が電気こんろにあたり毛布に引火し火災となった。

こうした重過失でなければ、隣人・隣室に損害賠償責任を負うことはないのです。
うらを返せば、自宅は自分の火災保険で守らないといけないということですね。

乾燥した日が続きますが、火の元には十分気をつけましょう。
 
(火災・マンションチーム 宇都宮)

自動車保険 テレマティクス保険

2017年12月13日 カテゴリー 個人向け保険, 自動車保険

「テレマティックが止まらない」

はじめまして。
本店営業部損保第二チームの並木です。
保険ガリレオブログを閲覧いただきありがとうございます。
私からは「自動車保険のテレマティクス保険」についてご案内させていただきます。

皆さんテレマティクスという言葉をご存じでしょうか?

テレマティクスとはテレコミュニケーション(Telecommunication)とインフォマティクス(Informatics)から作られた造語で、自動車のIT化の話題によく出てくる単語の一つです。自動車に関連したIT化による様々な技術やサービス全般を示す言葉です。
簡単に言うと、20世紀に世の中を大きく変えた発明品の一つである、自動車とパソコン。これらが合体してさらに通信機能を備えたもの、サービスということになります。
昨今IoT化して、いろいろなモノに通信機能がくっついてますよね。自動車にもこの通信機能が1990年代中ごろからくっついてきました。

1980年代にカラフルな頭をした人たちが歌ってヒットした曲は 『ロマンティックが止まらない』 でしたが今はまさに 技術の進歩で 『テレマティックが止まらない』 のです。(若い方はご存じないかもしれません・・・。)
具体的なサービス例としましては、自動運転技術や、インターネットに接続しているコンピュータを自動車内に内蔵して交通情報を得てリアルタイムに渋滞などを避けるナビゲーションや、盗難された時に自動的に通報する機能、故障時には工場への連絡や近隣店舗への案内、音声を認識してくれるサービスなどが挙げられます。

あー事故ったぁ・・ヤバいどうしよう・・・ なんて時は気が動転してしまって、冷静になれないですよね。
ましてや怪我なんかしていたら事故の連絡もできないですよね。そんな時クルマ自体が衝撃を受けた瞬間、事故った瞬間に保険屋さんに通報してくれたら・・・。

このような時代はそこまで来ています。自動運転や自動ブレーキシステムと共に万が一事故をした時も通報し対処を促してくれる。
今後もテレマティクスは日々進化しています。

そしてテレマティクス保険とは・・・

自動車に設置したテレマティクスサービスの端末機から走行距離、運転速度、急発進・急ブレーキといった運転情報の実績を取得し、実績に応じた保険料を算定する保険です。
現在こうしたテレマティクス技術を活用し、クルマと保険がつながることによって『安全運転の促進・事故の削減』につながるサービスを備えた自動車保険の提供が始まっています。

現在国内で走っている自動車は約7500万台と言われています。ただし今後クルマ人口は減っていくと言われていますし、私も減っていくと思います。
よく自動運転技術や自動ブレーキシステムの発達によって将来自動車事故はなくなるのではないか・・と言われます。
確かに50年後はすべてのクルマに自動ブレーキシステムが付き、自動運転車もかなり出回っていると思われます。
ただ、運転を楽しむ、運転が好きという人はいますし、20年~30年間は搭載したクルマとしないクルマが混在している時代が続きます。
そうなると事故は激減するかもしれませんが、なくなることはなく、製造物(クルマ)の責任という問題も新たにでてきます。

私たち保険代理店にできることはその時代にあったリスクを分析しお客様の『困った』に答えていくことです。
困った…際にはぜひご相談ください。

(損保第二チーム 並木)

火災保険 保険金請求について

2017年11月30日 カテゴリー 個人向け保険, 火災保険

「火災保険の保険金請求について」

こんにちは。
火災・マンションチームの川島です。
いつも保険ガリレオブログを閲覧いただき、ありがとうございます。
私からは「住宅修理業者とトラブル」についてお伝えさせていただきます。

火災保険は火災による損害だけではなく、台風や突風などの損害にも保険金をお支払できるようになっています。
今年10月に2週連続で直撃した台風についても、ご契約のお客様に対して保険金のお支払のお手伝いを行なってまいりました。

保険金というのは、損害を受けた箇所について、もとの状態に戻すための費用としてお支払するものですが、その損害が保険の対象となるのか否か、保険金請求に必要な書類は何か等分かりにくい部分もあり、弊社ではお客様に分かりやすくアドバイスするよう努めています。
一方で「保険を使えば無料で修理ができる」、「損害保険会社への申請を代行する」と謳ったチラシ等で勧誘を行なう修理業者とのトラブルが発生している事実もあります。

このブログを閲覧している方にこのような業者がもし来たら、次のように対応することをオススメします。

【修理業者の説明は鵜呑みにせず、必要ない勧誘はきっぱり断る】
こうした修理業者は「無料で修理する」「保険金の範囲内で修理するので自己負担はない」「煩雑な保険金請求の手続きも代行する」等、お客様に負担がないことを強調して勧誘します。修理は保険金の範囲内に収まるのか、保険の対象とならない修理が発生した場合の負担はどうなるのかなど工事内容や最終的な負担について、納得できるまで確認を行い、強引な勧誘にはきっぱりと断る姿勢を見せることが重要です。

【複数の修理業者から見積もりを取り、慎重に判断する】
突然の電話や訪問を受けてもその場で契約せず、複数の修理業者から見積りを取り、比較検討することが重要です。その際、見積書を渡すことを拒むような業者であれば契約するのを避けた方がよろしいと思われます。

上記内容は、日本損害保険協会独立行政法人国民生活センターのホームページでも実際のトラブル事例や注意点が紹介されておりますのでご確認下さい。

ご不明な点や何かお困りな点がございましたら弊社担当者までお問い合わせ下さい。

(火災・マンションチーム 川島)