保険ガリレオのブログ

保険に関わる全てのことの記事をご紹介します。保険業界のニュース、生保・損保の各社おすすめ商品、また住宅ローンや社会保険労務士のこと交えてお伝えいたします。
Home » 個人向け保険 » Archive by category '傷害保険(自転車保険含む)'

自転車事故を経験して

はじめまして。
本店営業部 損保第一チームの辻です。

私事ですが、2016年2月に入社をしまして、3月に交通事故に遭いました。
自転車で走行中に原付と衝突してしまい、気付いたら病院のベッドの上でした。

自転車対原付にも関わらず、結果的に過失割合が50:50となりました。もし、仮に自転車同士や原付同士の事故であったとしたら、私の過失は更に大きかったことになります。

その際に経験したことです。
相手方の自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)で充分に保険金の給付を受けることができました。(治療費、通院費、諸雑費、休業損害、慰謝料、後遺障害など。)
加入が義務付けられていることから、俗に「強制保険」と言われています。被害者を救済するための素晴らしい制度だと実感することができました。

しかし、困ったことに今回の場合、私は被害者であるけれども加害者でもありました。
相手方の原付の修理費用や治療費用のうち、私の過失分50%分は賠償責任が発生し、その請求書が私の手元に届きました。

まだ保険業界に入りたてで、知識もほとんどない状態でしたが、普段から自転車(トライアスロン)
にはよく乗るので、自転車保険に入っていたことが幸いでした。
自転車保険の「個人賠償責任補償」によって、相手への賠償に関しては全て保険金で支払うことができました。

その時思ったのが、
・入っていて良かった個人賠償責任補償
・1家に1つ個人賠償責任補償(1つの補償で家族全員カバーできます)
ということです。

この補償は、自動車保険、火災保険、傷害保険などに特約として付帯できる補償で、日常生活に起因する偶然な事故による法律上の損害賠償責任を補償します。
この補償が付帯されているか、各保険証券を一度ご確認いただくことをお勧めいたします。ご不明の場合は、ご加入の保険会社にお問い合わせください。当社にご相談いただいても結構です。

自分に限って...
と思っていましたが、これからはいつ何が起こるかわからないなと。
事故の相手の方にご迷惑をかけてしまったのはもちろんのこと、家族や職場の人達にもご心配をかけてしまいました。より一層、気を引き締めて自転車に乗らなければいけない。と心に誓うとともに、入社早々、保険の大切さを実感した体験でした。

(損保第一チーム 辻)

最近感じたこと。

こんにちは。

暑さも和らいで過ごしやすくなってきましたが、ここ数日の台風や竜巻の天災は凄まじかったですね。
被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
ひとつ前の記事「竜巻や台風の「風災」の補償は火災保険が対象となります。」を是非ご参照ください。

話は変わりますが、今月、うれしいニュースがありましたね!
そうです!東京オリンピック開催決定ですよ~!
自分が生きているうちはないだろうなと思っていましたが、「TOKYO」の発表があった瞬間、思わずうおお~と唸ってしまいました。

ニュースもオリンピックの話題であふれていて、
7年後のオリンピックに向けていろいろな施設や交通整備がされていくんですね。
すごく楽しみです。

私「東京オリンピック楽しみですねー!」
知人「・・・楽しみだけど正直言うと少し気が重いなぁ」
私「え、どうしてですか?」
知人「公共事業関連の仕事をしてるから、すごく忙しくなっちゃうんだよね」
私「な、なるほど…」

確かに道路整備をするとなると、工事関係の仕事をされる方は忙しくなります。
工事や道路整備は、様々なリスクがあるので、それに備えるという意味で、お客さまに合った保険の提案をしていくことも大事だと感じました。

地震、台風、竜巻、賠償責任…
あらゆる場所にリスクはひそんでいます。
リスクに備えたいけど、どうしたらいいかわからない等ございましたら、弊社まで遠慮なくご相談いただければと思います。

お待ちしております!

【保険のおはなし】驚き

こんにちは

さて本日は私の驚いた話をしたいと思います。

入社して間もない頃、弊社の乗合保険会社の多さに驚きました。

どなたでも聞いたことのある大手の損害・生命保険の名がたくさんありました。

その中にアニコム損保さんのお名前も入っており、「そうか…今は飼っているペットにも保険をかける時代なんだ」と関心しました。

もしかしたらそのうちまたおもしろい保険ができるのではないか・・・

なんて思っていたらありました!

 

自転車保険です。

 

なるほど。言われてみれば確かにあったらいいなと思う保険ですよね。

私自身免許を持っていますが、自転車愛好家なもので、

自転車に乗ってる最中にも何度か危険にさらされることもありました・・・(遠い目・・・)

小さい頃には自転車に轢かれたこともありました・・・(遠い目・・・)

なのでこの保険の情報を見つけて思わず食いついてしまいました。

 

《記事の内容》

明治安田生命は、2013年4月1日から傷害保険・自転車向けプラン「MYサイクルプラス」の販売を開始しました。

最近の自転車利用者および自転車事故割合の増加を踏まえ、手軽な保険料で自転車運転中のケガ等を補償する保険で、東京海上日動の商品を同社オリジナルプランとして販売するということです。

特徴としては、

▽月々400円から加入できる

▽自転車運転中のケガおよび賠償事故を補償

▽交通事故等によるケガや日常生活上での賠償事故も補償

http://hoken-whisper.seesaa.net/s/article/355968141.htmlより一部抜粋

 

月々400円からだなんて!

思っていたよりもリーズナブルで大変驚きました。

 

保険業界奥深いです・・・

調べればもっと面白い商品があるかもしれませんね

見つけたらまたこのブログでお伝えします!

 

読んでくださった方ありがとうございます。

梅雨を迎えてしまいましたが頑張って乗り切りましょう

 

P.S. 自転車に轢かれた話は嘘じゃないですよ!(笑)

 

 

 

冬の身支度

今年もあっという間に過ぎて行き、残すところあと2ヶ月となりました。寒くなると増えてくるのが雪に関しての事故や怪我です。暖かい地域にお住まいの方はピンっとこないかもしれませんが、ある専門家によると近い将来太陽の活動が停滞期に入り地球に「ミニ氷河期」が到来するといわれていますので、今後の参考にしていただければと思います。
各地に雪が降り始めると転倒事故が発生します。怪我の状況により入院や通院代がご加入の生命保険・傷害保険から給付金を受け取ることができますが、これに関しては割とみなさんご存知かと思います。
首都圏のあまり雪の降らない地域の方に比較的多いのですが、雪により、ご自宅の屋根や一部に損壊が生じた場合ご加入の火災保険で修理代等の保険金を受け取ることができる場合があります。それを知らずに「これくらいなら自分で修理できる」からとご自身で屋根にのぼって誤って屋根から落ちるという二次災害が実際にあるのが現状です。
保険は知っているのと知らないのとでは大きく違います。受け取れるお金のはずなのに、知らなかったために保険料ばかり払っていることになります。これを機に冬の身支度と思って、今一度ご自身の加入されている保険を確認してみてはいかがでしょうか。

行事参加者傷害保険の注意点

イベント保険でよくご加入いただく保険の中で行事参加者の傷害保険という
商品があります。別名レクリエーション傷害とも言います。
複数の方々を一度に補償可能で便利なものです。
こちらはご加入時に名簿等をご提出していただく必要がないものですが、
事故時には損保会社から名簿の提出が求められることがあります。
準記名式といい、ご加入時に提出義務がないものの、契約者様サイドで
ご準備ができているという前提なのです。
事故はいつどのように起こるか予測不能です。
万一の事故時に慌てないようお備え下さい。