保険ガリレオのブログ

保険に関わる全てのことの記事をご紹介します。保険業界のニュース、生保・損保の各社おすすめ商品、また住宅ローンや社会保険労務士のこと交えてお伝えいたします。
Home » 個人向け保険 » Archive by category '生命保険'

心筋梗塞 「いつ起こる?心筋梗塞・魔の時間帯」

2018年01月09日 カテゴリー 個人向け保険, 生命保険

「いつ起こる?心筋梗塞・魔の時間帯」

こんにちは。生保チームの河内です。
いつも保険ガリレオブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

寒さが肌にさす日が続き、家に帰ったらすぐに熱いお風呂にという方も多いのではないでしょうか。そんな暖かくホッとするお風呂の時間ですが、実は1年のうちで入浴中の突然死が最も増えるのがこの時期になります。
12月、1月は暖かく暖房の効いた居間などと脱衣所や浴室、そして入浴の際の熱い湯との激しい温度差が、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などによる突然死を引き起こす原因となるといわれています。

今回はその中から「心筋梗塞」について、

  • 心筋梗塞とは
  • 心筋梗塞が起こりやすい時期
  • 心筋梗塞が起こりやすい魔の時間帯

の3点について、お伝えさせていただきます。

  1. 心筋梗塞とは

    心筋梗塞は、動脈硬化が進行して冠動脈血栓(血液の塊)が詰まり、心筋が壊死して激しい痛みを引き起こすとても怖い病気です。近年では30代で若年性心疾患を発症する人もいて、その背景には生活習慣の乱れが指摘されています。

  2. 心筋梗塞が起こりやすい時期

    心筋梗塞というと予測できないと思いがちですが、
    実は心筋梗塞の発作には起こりやすい時期や時間帯があるといわれています。
    時期でいうと、冬は夏よりも心筋梗塞を起こす確率が1.5倍高いといわれています。それは寒さで血管が収縮しやすくなるからです。血管が収縮すると血流が悪くなり、血圧が上がります。加えて、血管壁に溜まったコレステロールの塊がはがれて血栓になり、狭くなった血に詰まりやすくなります。

  3. 心筋梗塞が起こりやすい魔の時間帯

    心筋梗塞が起こりやすい時間帯といわれているのは、起床後の身体が徐々に目覚める8時~10時頃と、疲労が蓄積されている20時~22時頃です。飲酒後も起こりやすくなります。
    仕事をしている方は、喫煙やストレス過多が原因となりやすいので、残業中の夜遅い時間や、月曜の朝も要注意です。
    今回は「心筋梗塞」について起こりやすい時期や時間帯の話をお伝えさせていただきましたが、誰だって病気になんてなりたくないものです。

保険は万が一病気になってしまって、はじめて給付金を受け取るものですが、
やはり、まずは病気にならないための予防を心がけることが大事です。

そのうえで、現在ご加入されている保険が「三大疾病給付金について」のブログにあった通り、急性心筋梗塞の場合に給付金が下りるものなのか、それ以外の心疾患も保障されるものなのかのご確認をしてみてください。

細かい部分ではありますが、いざというときのための保険。
思っていたものとは違った!なんてことがないように、保険も事前のチェックをおススメしております。

三大疾病の保障についてお悩みの方へ

次のことでお悩みではありませんか?
・現在加入中の三大疾病の保険の内容を確認したい
・どこの保険会社が自分にあっているかわからない
・現在の健康状態で加入ができるのかわからない
・保険料を節約したい
もしも三大疾病の保険についてお悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

がん保険 三大疾病給付金について

2017年12月21日 カテゴリー がん保険, 個人向け保険, 生命保険

「三大疾病給付金について」

はじめまして。
生保チームの伊藤鉄平です。
いつも保険ガリレオブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

私からは「三大疾病給付金」についてお伝えさせていただきます。

三大疾病は主に、「がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中」のことを言いまして、日本人がかかりやすい病気ベスト3とも言われています。
特にがんにつきましては、生涯を通じてがんと診断される方は2人に1人とも言われており、皆様の関心も高いのではないかと思われます。
また、がん治療に対する入院日数も過去に比べると短期になり、抗がん剤投与等、通院治療をメインで行うことが多くなっています。

そのような時代背景から、近年では三大疾病になった場合、まとまった一時金を受取り、通院治療に掛かる費用や、治療でお仕事をお休みしなければならなくなった場合の減少した収入の補助に、というお考えの方が増えております。
各保険会社でも、そのようなお客様のニードにお応えするべく、三大疾病になった場合一時金をお支払いする商品があり、ご加入されていらっしゃる方も多いのではないかと思います。
皆様、三大疾病になられたら一時金を受け取れる商品、各保険会社で支払われる条件や支払い回数等が違うのはご存じでしょうか?

【例】
がんの場合、上皮内がんが支払い対象であるのか、対象外なのか。
急性心筋梗塞の場合、急性心筋梗塞以外の心疾患でも支払い対象になるのか。
脳卒中の場合、脳卒中以外の脳血管疾患でも支払い対象になるのか。
支払い回数も、生涯1回のお支払いなのか、生涯5回なのか、無制限なのか…。
等々…。

すみません、書き出したらキリがないですね。
各保険会社で違いがあります。
皆様がお入りの保険ではどうでしょうか?

気になった方はぜひお気軽にお声かけください。

(生保チーム 伊藤鉄平)

「健康と保険」

2017年11月08日 カテゴリー 医療保険

はじめまして。
生保チームの河内です。
いつも保険ガリレオブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

私からは「健康と保険」の関係をお伝えさせていただきます。

皆さん生命保険はほとんどの方がご加入かと思います。
保険に加入するときは主に「年齢」と「健康状態」で保険料が設定されて、
加入時の健康状態によっては、通常よりも上乗せされた保険料になってしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今までは病気等のリスクが高い方に保険料を高く設定していましたが、
逆をいうと、一定の健康基準を超えている方の場合は、健康に対する意識が高く病気の予防をしている方も、健康に対する対策を何もしていない方も同じ保険料設定となっていました。

ただ最近では「平均寿命」も伸びている中で、「健康寿命」というように健康で生活する期間も伸ばしていこうとする動きが広まっています。
生命保険会社に関しても、新しい取り組みが各社スタートしております。
それは健康な方にとっては通常保険料より、割引が効く「健康割引」、健康な方にとってご褒美のような割引になります。

割引条件は保険会社や商品によって異なりますが、大きく分けると2つの方法で健康状態をチェックする仕組みになっています。

ひとつはいくつかの数値基準を満たすかどうかで判断するやり方です。多くの会社で行われるのは血圧の数値、あとは身長と体重のバランスになります。

「健康割引」のもうひとつの方法は、喫煙の有無です。たばこを過去1年間吸っていなければノンスモーカーとみなし、喫煙者よりも保険料を優遇があります。

自分は健康に自信がある!健康診断での結果がよかった!という方は、一度ご自身の保険も確認していただくいい機会になるかと思います。

気になった方はぜひお気軽にお声かけください。

(生保チーム 河内)

生命保険とがん治療

2017年10月23日 カテゴリー がん保険, 生命保険
こんにちは。保険事業部(生命保険チーム)の安井です。

いつも保険ガリレオブログを閲覧頂きありがとうございます!
私からは、生命保険の分野から情報提供をさせて頂きます。
※がんの部位や患者の年令によって使えたり使えなかったりする治療法があることはお含み頂ければと思います。

今、医療分野の研究の中でも、とてもHOTなジャンルとなっているのはどの分野だと思われますか?そうです。がん治療の分野、とりわけ免疫療法については研究や治験が進み、現在は実用化から汎用化への入り口までたどり着いています。

がんの治療・・・といえば皆様は何を思い出されるでしょう?
1 切除手術(開腹術のようなものもあれば、内視鏡もありますね。)
2 放射線治療
3 抗がん剤治療
・・・それ以外にもいろいろ治療が行われています。

今日ご紹介したいのは、「免疫療法」という治療です。なにか難しそうですが、簡単に言えば、本来人間が持っている免疫の機能を活用・パワーアップすることで、がん細胞に打ち克つというものです。
オブジーボという薬の投与による肺がんや皮膚がん治療が保険適用になった・・・という、
ニュースをお聞きになったことがあるかも知れません。これも免疫の機能を向上させる考え方に基づく治療法ですが、従来の治療よりも効果がある、体に優しい治療として今、注目を浴びていますね。
遡れば2011年のノーベル生理学・医学賞が、人体に存在する樹状細胞の働きを発見した、カナダのラルフ・スタインマン博士に授与されました。樹状細胞は体内で見つけた敵への攻撃の司令塔の役割を担っています。
つまりリンパ球(最近はT細胞とか言われます)に敵の存在を知らせ、また目印を示して攻撃させます。このスタインマン博士の発見の後、抗ガン剤のような薬剤を使った治療に比べ、より効果的、かつ副作用の少ない治療の研究が進んでいくこととなります。今も進み続けています。
先程の①から③といった治療は、現在では「標準治療」という呼び方をされることがあります。大規模な臨床検査や科学的根拠によって、その時点で一番効果的とされている治療法を言います。

免疫療法はまだ標準治療とは言えません。ただ、これからまだまだ爆発的に発展、標準化していく余地が残されています。
具体的には、患者自身からの採血をもとに「樹状細胞」や「T細胞」を増殖し、それを体内に戻す。司令塔が少ないなら司令塔を増やす、攻撃部隊が少ないなら攻撃部隊を増やす。簡単に言えばそういう発想で理解できると思います。
薬剤や放射線ががんに効果的な場合ももちろんありますが、副作用により、がんへの対応が完了した後の回復に時間がかかったり、他の臓器や部位に影響を残す(副作用)も考えられます。
先々は、免疫療法ががん治療の主流になる時代がやってくるかも知れません。

また、既存の標準治療との併用も広く行われることでしょう。ただ、現時点では、保険適用のないケースでこの治療法を使うとなると相当なお金がかかります。ケースにもよりますが、400万円~500万円と言われています。
こうした高額ながんへの治療費をカバーするためにがん保険。でも、皆様のがん保険はこうした治療に対応が出来るでしょうか?
このところ、生命保険業界では新しい商品が次々に発売されたり、保険料の改訂が行われたり各社の動きには本当にめまぐるしいものがあります。
また、一方、生命保険商品は、その時代における社会保険制度や実際に医療現場で行われる治療の内容や水準と密接に絡みながら進化を続けてきました。
いざという時にお客様に寄り添うこと、経済的負担からお守りするのが私達の使命です。その時代時代にマッチした保険をこれからもお届けし続けていきます。

(生保チーム 安井)

保険料控除証明書

2017年10月20日 カテゴリー その他, ニュース, 火災保険, 生命保険
今月の上旬から保険料控除証明書の発送が始まっております。
この時期になると年末、年度末まで近づいてきていることを感じます。
控除証明書のお問い合わせで、再発行の依頼とともに多いのが、
「今まではハガキで届いていたのに届かない」旨のご質問です。
長期火災保険の契約では、2年目以降はお葉書で証明書が発送されますが、
契約初年度(更新時)は保険証券(または継続証)に添付されての発送となります。
契約更新時にはお葉書でのご案内が届きませんので
証券類をご確認くださいますようお願い致します。
保険料控除証明書につきましてご不明な点がございましたら
弊社までご連絡くださいませ。
(CSチーム M.K)