保険ガリレオのブログ

保険に関わる全てのことの記事をご紹介します。保険業界のニュース、生保・損保の各社おすすめ商品、また住宅ローンや社会保険労務士のこと交えてお伝えいたします。
Home » 2012 » 1月

地震保険金のお支払い額の決定

2012年01月25日 カテゴリー 火災保険 タグ: ,

実際、地震でいくら支払われるのか、仕組みがよく分からないという方のために具体的にご説明いたします。
(但し、時価額はあくまでも目安です)

例: 【ご契約金額】
建物の火災保険金 2,000万円  地震保険金 1,000万円
家財の火災保険金 1,000万円  地震保険金   500万円

【地震罹災時の時価額】
建物は建築後10年経過なので時価額1,600万円
家財は購入、買換などを経て時価額 500万円
—————————————————————————————————————
損害の認定基準は時価額ですので、地震による建物の損害が時価額1,600万円
の50%(800万円)以上の場合は全損となり、お支払いする地震保険金額は
1,000万円です。

同様に家財の損害が時価額500万円 の80%(400万円)以上の場合、お支払い
する地震保険金額は500万円です。

建物: 時価額 の20%以上50%未満の場合は地震保険金の半額、3%以上20%未満の場合は地震保険金の5%をお支払します。

家財: 時価額 の30%以上80%未満の場合は地震保険金の半額、10%以上30%未満の場合は地震保険金の5%をお支払します。

地震保険は、政府管掌の保険ですので、保険料、補償内容は保険会社によって違いはございません。

M7級首都直下地震、4年内70%…東大地震研

2012年01月23日 カテゴリー その他 タグ:

2012年 01月23日 03時04分   提供元:読売新聞

マグニチュード(M)7級の首都直下地震が今後4年以内に約70%の確率で発生するという試算を、東京大学地震研究所の研究チームがまとめた。
東日本大震災によって首都圏で地震活動が活発になっている状況を踏まえて算出した。首都直下を含む南関東の地震の発生確率を「30年以内に70%程度」としている政府の地震調査研究推進本部の評価に比べ、切迫性の高い予測だ。
昨年3月11日の東日本大震災をきっかけに、首都圏では地震活動が活発化。気象庁の観測によると12月までにM3〜6の地震が平均で1日当たり1・48回発生しており、震災前の約5倍に上っている。
同研究所の平田直(なおし)教授らは、この地震活動に着目。マグニチュードが1上がるごとに、地震の発生頻度が10分の1になるという地震学の経験則を活用し、今後起こりうるM7の発生確率を計算した。