保険ガリレオのブログ

保険に関わる全てのことの記事をご紹介します。保険業界のニュース、生保・損保の各社おすすめ商品、また住宅ローンや社会保険労務士のこと交えてお伝えいたします。
Home » 2014 » 8月

土砂災害は火災保険の補償内容の水災に該当します

2014年08月21日 カテゴリー 火災保険 タグ: ,

こんにちは。

お盆休みも過ぎ、当社の事務所がある関東地区でも猛暑日の日数も多かったのですが、8月も終盤に入り全国的に厳しい暑さも落ち着くようですね。

さて、昨日からまた大きな自然災害のニュースが日本中に広がっています。

「広島県安佐南区、安佐北区で起きた局地的な豪雨で土砂災害」

広島市を襲った20日未明の局地的な豪雨の原因について、気象庁は、積乱雲が連続的に発達する「バックビルディング」と呼ばれる現象が発生した可能性が高いとみている。

現場周辺は花崗岩(かこうがん)が風化してできた「まさ土(ど)」と呼ばれる、もろい地質が広がり、水分を多く含むと強度が一気に落ちる特徴もあった。短時間の大量の降雨で、地盤の表面が崩れる「表層崩壊」が起きたとみられる。

産経新聞 もろい地盤 複合災害 「バックビルディング現象か「まさ土」表層崩壊も」 ー

土砂崩れ(地すべり、崖崩れ、土石流など)の自然災害は火災保険の補償内容の水災が該当いたします。

しかしどの火災保険のプランでも水災を補償していないケースもございますので、土砂災害についての補償が必要だと考えているなら、まずは火災保険で水災の補償をどう扱っているのかを確認してください。

また水災関係の補償は浸水の深さ、損害割合など規定を設けていることもありますので、契約時に詳しく確認しておきましょう。

 

広範囲な土砂災害が起きた広島市と同様、傾斜が急な山の多い日本には土砂災害が発生しやすい場所が全国に点在すると言われております。引き続き各地で土砂災害が起こりやすい状況であり、注意が必要です。

内閣府ホームページ「政府広報オンライン」によると、土砂災害が発生する恐れのある危険箇所は全国に約52万カ所、平成25年までの10年間に平均して1年間に1,000件もの土砂災害が起きているようです。これまでの大雨で地盤が緩み、増水している河川があることから、引き続き警戒が必要です。

特に今回の広島県と佐賀県、長崎県でも土砂災害の危険度が高い場所があるため、少ない雨でも土砂災害が発生する恐れがあるということです。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だとしています。

内閣府ホームページでは、

  • ■ 川の水が濁って流木が交じりはじめる
  • ■ 崖にひび割れができる
  • ■ 樹木が裂ける音や山鳴りが聞こえる
  • ■ 腐った土の臭いがする

と言った場合は土砂災害の前兆現象と捉えて、いち早く安全な場所に避難するように呼びかけています。

土砂災害の前兆現象

土石流 崖崩れ 地すべり
特徴 集中豪雨などにより山腹、川底の石や土砂が一気に押し流される現象 斜面の地表に近い部分が雨や地震などで緩み、突然崩れ落ちる現象 斜面が近水の影響や重力でゆっくりと斜面下方に移動する現象
主な

視覚
  • 川の水が濁り、流木が交じり始める
  • 雨が続いているのに川の水位が下がる
  • 崖にひび割れができる
  • 小石がバラバラ落ちてくる
  • 崖から水が湧き出る
  • 湧き水が止まる、濁る
  • 地面のひび割れ、陥没
  • 崖や斜面から水が噴き出す
  • 井戸や沢の水が濁る
  • 樹木が傾く
聴覚
  • 山鳴りがする
  • 樹木が裂ける音や石がぶつかり合う音がする
  • 地鳴りがする
  • 地鳴り、山鳴りがする
嗅覚
  • ものが焼ける臭い、土の臭い、腐葉土のような酸っぱい臭いなどがする

保険も大事な備えですが、土砂災害の前兆を留意しておきましょう。

 

スタッフT