保険ガリレオのブログ

保険に関わる全てのことの記事をご紹介します。保険業界のニュース、生保・損保の各社おすすめ商品、また住宅ローンや社会保険労務士のこと交えてお伝えいたします。
Home » Page 5

個人事業主の思わぬ落とし穴

2017年10月05日 カテゴリー その他, 生命保険

夢、目標を達成するべく自らの道を進む事業主の皆様
そこに至るまでの道のりは山あり谷ありで苦労なく進んでいける方は
少ないのではないでしょうか。それでも継続することで自身の夢に
一歩づつ進んでいる方はとても輝いて見えます。

私のお客様にもたくさんのがんばる事業主様がおられます。
そんな頑張る事業主の皆様にぜひ情報として知っておいて頂きたいのが
今CMなどでも話題になっている「収入保障保険」。
つまり就業が難しい状況になってしまった際に収入、売上の代わりや
補填にあてられる保障があるということがまだまだ世の中に知られてい
ないということです。

自分の人生を賭けて事業を営む皆様なので体を張って頑張れる状況であ
れば良いのですが、やっとの思いで事業が順調になってきてさあこれから
だという所で体の調子が悪い、おかしいな、だけど病院に行く暇もない、
気づけば大きな病気で入院せざるを得なかった、がんの宣告を受けて
しまった、気づいたら病院のICUの中、などということが100%ない
とは言えません。

車を乗るには必ず万一のために自動車保険に加入する。
建物を所持するには火事に備えて火災保険。
事業を始める際も同様に万一のピンチにきちんと備えることは自らを
守ることにつながります。
私たちは頑張る事業主様の応援団になれるようにフォローしていきます。
気になる方は遠慮なくご相談くださいませ。

(生保チーム 信太)

マンション管理組合の理事の方に朗報!!

2017年09月19日 カテゴリー 火災保険

マンション共用部分の火災保険について当社でご相談を受けるマンションの中には、新築物件もあれば築40年や50年近く経っている古い物件もあります。

ほとんどの損害保険会社では、30年以上経ったマンションの保険料は、漏水事故などで保険金を請求したことのない場合であっても新築時に比べて3~4倍になります。
マンションは古くなるとどうしても漏水事故が多くなり、保険会社もそのリスクに見合った保険料を要求することは当然とはいえ、契約者(マンション管理組合様)にしてみますと火災保険加入に際して大きな障害になるものと思われます。

実際、築40数年の300戸ほどのマンション管理組合様から、3年前に600万円であった保険料が更新に際して2倍近い1,100万円になる見積書が届いたとのご相談をお受けしました。
そこで当社では「マンション管理適正化診断サービス」をご提案しました。このサービスは、一般社団法人日本マンション管理士会連合会がN損保と提携して実施する無料のサービスです。
マンションのメンテナンス状況等について、給排水管の更新工事実施状況をはじめとする14項目について診断し、ポイントに応じて保険料の割引を行うものです。
上記マンションでは64ポイント中38ポイントの評価を得て、約760万円の保険料となり、約340万円の大幅な節約になりました。

古いマンションでは大規模修繕工事を控えて、その費用が積立金でまかなえるのかが問題となります。

その原資として火災保険料を節約して充当することもひとつの手段といえると思います。

(CS課 今泉)

詳しくはコチラ→火災保険ガリレオ

火災保険 2015年10月 参考純率改定へ

2015年08月07日 カテゴリー 火災保険 タグ: ,

 

以前からニュースでも取り上げられている通り、家庭向けの火災保険料が10月から大幅な改定が実施されます。

主な改定内容は下記の2ポイント。

  1. 住宅総合保険の参考純率を平均3.5%引き上げ
  2. 火災保険の参考純率は保険期間が10年までの契約に適用
参考純率の引き上げ
参考純率の引き上げは、自然災害や冬季の凍結や老朽化などで水道管等に生じた事故による水濡れ損害の増加と、近年の地球温暖化による自然災害の将来予測に不確実な要素が増しているとの研究成果が発表されたことが背景にあります。
(※参考準率とは、事故が発生した場合に、保険会社が支払う保険金にあてられる部分をいい、損害保険料率算出機構が算出しています。保険会社は、参考準率を参考にした上で、自社の保険料率を算出しています。)
参考純率が平均3.5%引き上げとなっており、建物の所在地や構造によって様々なケースがあります。
改定前より保険料が引き上げになるケースももちろんありますが、逆に引き下げになるケースもあり、地域差も広がっているのが今回の特徴です。
割安な長期契約の売り止め
現在最長36年間契約できる火災保険の保険期間の上限が10年間に短縮されます。
火災保険は契約期間を長期にするほど割安に設定されているので、1年契約を35年間継続した場合の保険料と、改定前の35年契約(一括支払い)の保険料では最大35万円以上注1の差が出る可能性もあります。
注1:見積り条件構造:H構造 / 物件所在地:神奈川県 / 建物保険金額:2,500万円 / 保険期間:35年契約タイプ:フリープラン / (風災・雹災・雪災、破損・汚損)免責金額0円 / 災害時諸費用補償対象外

保険会社:朝日火災海上保険会社の場合※上記の結果は朝日火災海上保険 ホームアシスト(家庭総合保険)による試算例です。 試算結果はご契約の保険会社により異なります。

通常、長期の火災保険契約は住宅ローンを利用してマイホームを購入する際にローンの払込み期間に合わせて加入するケースが多いのですが、今回の改定以降、新しく住宅購入する際の火災保険の負担感も一段と増してきそうです。

現在、1年更新や5年更新、年払いなどで保険料を支払っている方はお得な火災保険に加入する最後のチャンスです。

また加入中で残りの期間が少ない場合は今のタイミングで火災保険の見直してみてはいかがでしょう?

簡単5分 今すぐ無料見積りをする!

自転車「危険行為14項目」検挙で安全講習の義務化 高まる自転車保険の需要!

2015年06月02日 カテゴリー その他

昨日の2015年6月1日に自転車に関する道路交通法が改正されました。

ニュースでも大きく取り上げられていますが、自転車事故が急増しています。
警察庁によると、今回新たに「危険行為」として定められた対象となる14の行為は以下の通りです。

  • 信号無視
  • 遮断機が下りた踏切への立ち入り
  • 指定場所一時不停止など
  • 歩道通行時の通行方法違反
  • 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
  • 酒酔い運転
  • 通行禁止違反
  • 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
  • 通行区分違反
  • 路側帯通行時の歩行者の通行妨害
  • 交差点での安全進行義務の違反など
  • 交差点での優先車妨害など
  • 環状交差点での安全進行義務違反など
  • 安全運転義務違反
※14歳以上の全ての自転車運転者が対象

自転車は気軽に乗れて、エコで便利な乗り物であり、誰もが「加害者」になる可能性があります。

自転車での事故は4分に1件起きており、賠償事故の5割近くが若者と子供というデータもあり、自転車事故が原因で死亡や高額賠償につながるケースも増えています。
この新制度の交通ルール違反の罰則強化には、運転者が深刻な事故を未然に防ぐのが狙いであると言えます。

そこで、まだまだ馴染みが無いかもしれませんが、現在需要が高まりつつある自転車の保険がございます。
今回紹介するの保険は、ドコモの携帯電話・スマホからお手軽にご加入できる自転車保険、「ドコモ サイクル保険」です。

ドコモ サイクル保険

この自転車保険の特長は、賠償責任保険金は最大2億円を補償!
自転車による賠償事故だけでなく、日常で偶然に起きた賠償事故も補償(示談交渉サービス付き)します。

そして契約者ご自身の交通事故全般によるケガも補償し、お手軽な保険料で手厚く充実の補償を受けることができます。

保険料は個人プランであればひと月440円、家族プランであれば月々980円でご家族全員を補償を受けることができます。

ご加入方法はドコモの携帯電話から下記URLにアクセスしていただくか、下のQRコードを読み込んでいただき申込みページに入ってご契約プランを選択するだけの簡単なお手続きとなっています。

http://onetime.nttdocomo.co.jp/n/rd/?type=cycle&an=TMNF13421500&tn=13421500

ドコモ サイクル保険(QRコード)

自動車やバイクと違って、自賠責保険の加入義務や運転免許もないので車両の事故という意識は持ちにくく忘れやすいかもしれません。
マナー違反の自転車とすれ違い危険な目に遭った方も多くいらっしゃると思います。
今回の制度をきっかけに、交通ルールを守り安全な運転を心がけましょう。

朝日火災海上保険「スーパージャンプ」「ホームアシスト」のご紹介

2014年10月03日 カテゴリー 火災保険 タグ: ,

こんちは。

10月に入り日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたね。
朝夕はめっきり冷え込んできておりまますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

2014年9月27日に発生した御嶽山の7年ぶりの噴火による被害を受けられました皆様に、心からお見舞い申し上げます。

この度、火災保険ガリレオで新しく朝日火災海上のすまいの保険商品

を取り扱うことになりました。

 


スーパージャンプ(満期戻総合保険)
 火災を中心に多くの災害の補償と満期返れい金が魅力の積立型火災保険の「スーパージャンプ」は、一回の災害でお受け取りになる保険金が、災害が発生した時点の保険金額(ご契約金額)に満たない限り、保険期間中に何度災害が発生しても保険金をお受け取りになれます。
また、お支払いただく保険料はそのままで、建物や家財等の保険金額が毎年ご契約時の保険金額の5%(定額)ずつ、自動増額するのが特徴です。

 

ホームアシスト(家庭総合保険)
リスク細分型の住宅専用火災保険の「ホームアシスト」は破損・汚損損害等を基本補償、風災・雹(ひょう)災・雪災危険および水災危険における100%補償、新価・実損払など最高水準の安心をご提供します。
そしてこのホームアシストの特徴は必要な補償をご自身で選択することができることで、理想の補償が作ることで保険料が割安になるのが魅力です。

詳しいお見積もりは火災保険ガリレオ 無料お見積もりフォームから入力いただくか、直接お電話 0120-992-662までお問い合わせください。

 

 

スタッフT